高齢者 脳卒中 リハビリ

早い段階からリハビリを始める

 

 

脳卒中で障害が残ってしまったそんな場合でも
使える部位は使っていかないとつかlvまで駄目になってしまいます。

 

ですので脳卒中で障害が残ったら素早くリハビリを始めてまだ残っている
機能がずっと使えるように訓練して来る必要があります。

 

手を動かす足を動かす

 

などベッドで寝ている時からリハビリはちゃんとやって行き
今日阪神起こしても低血圧で倒れないように座位を保つようにできる
他この状態で自分で食事をとれるようになればかなりリハビリはできています。

 

高齢者の脳卒中の後遺症のリハビリは早く始める

 

そして座ることができて初めて歩く立つということができるようになります。

 

排泄などもなるべくトイレに行くようにしたり着替えや日常的にできること
歯磨きなどを自分でするようにすることで早くリハビリを開始することができます。

 

 

家でのリハビリをしっかり行う病院から退院した後でも家でしっかりリハビリして
いかないと体が弱って最終的に寝たきりになってしまいます。

 

ですので家の中でもちゃんとリハビリをしていく必要があります。

 

まずベッドから起き上がるようになったら車椅子や杖などを使って周囲を歩いたり立ったりできるようにします。

 

散歩などをできるようになったら積極的に外出して人と交流し楽しい時間を
過ごすことで脳の活性化をし寝たきりになるのを防ぐことができます。

 

そして気持ち的なことも大切で朝起きたら顔さっぱり洗うリフレッシュするようにします。

 

 

家の中の段差をなくす

家の環境整える家の環境がお年寄りにとって良くないといくら自分で頑張ろうと思っても頑張れません。

 

例えば階段がたくさんあって手すりがないと移動するとき怖いので部屋に閉じこもりがちになってしまいます。

 

部屋と部屋の間に段差があると足がつっかえて転んでしまうこともあります。

 

高齢者は怖いことを避けようとする傾向があるのでそのようなバリアがある家で
あればバリアフリーに改善していく必要があります。

 

例えばお風呂に手すりを設置するトイレに手すりを設置する夜でもわかりやすい
のように階段に夜光ライトをつけるといった事をするだけで高齢者が動きやすくなることができます。

 

特に家の中で転んでしまうと骨折することになりますので、家の中でつまずいて
転ばないようにするというのは家の環境を整えるを手で最重要課題です。

 

 

デイサービスなど地域のサービスを使うリハビリサポートなどを家族だけでしょう。

 

とすると仕事や子育てがあるのかとても難しくてついつい後回しになってしまうことがあります。

 

特に忙しい人は世界して食べ物を応援させてしまったり激励しすぎて
反感を買うなど全ての介護を自分でしようとすると無理があります。

 

デイサービスやショートステイ

そこで使えるのがデイサービスやショートステイといった高齢者のサポートたいせいです。

 

介護の悩みは一人で抱え込まずにデイサービスやショートステイホームヘルパーや
訪問看護在宅看護支援サービスなどを使って介護の負担を減らしつつ家事や
子育て仕事などと両立していく必要があります。

 

高齢者のリハビリをする上で大切なのは高齢者の意思を大切にして焦らせたり剥がしたりしないことです。

 

本人のペースに合わせることは忙しい大人にとって難しいことかもしれません。

 

がせっかく自立しようとしている時に焦せらせるとやる気を削いでしまいます。