高齢者 寝たきり 防ぐ

骨折と脳卒中が寝たきりの原因の半分

寝たきりにならないための7つの対策方法2000年の時寝たきりだったお年寄りは120万人です。

 

しかし10年後には170万人に達すると予測されています。
高齢者の寝たきりを防ぐ方法−脳卒中と骨折

 

寝たきりになりたい人はいません。

 

寝たきりをするためにはどんなことをしたらいいのでしょうか。

 

そこでこのページでは7つの寝たきりを防止する対策について紹介していきたいと思います。

 

 

脳卒中と骨折から身を守る

高齢者が寝たきりになる原因はたくさんありますが、特に多くあげられるのが脳卒中と骨折です。

 

この二つを除けば寝たきりの半分を解消することができるぐらい重要な原因です。

 

まず脳卒中というのは脳の血管が出血したり結果が詰まることで
脳細胞が壊死してしまうことですが、これが原因で身体に障害が残って寝たきりになってしまいます。

 

そして体に障害が残らなくてもい語障害などが残るとふさぎこんでインチお勧めたきりとなってしまうケースがたくさんあります。

 

そして骨折は案外重要な原因になっています。

 

骨折

骨折するとまず骨をくっつけるために安静にしないといけません。

 

そのため安静にしている間に足や手の筋肉を祝って歩けなくなってしまうことがあります。

 

それで寝たきりになってしまいます。

 

また痛みで体を動かすのは嫌になって筋肉が関節が固まって寝た気になるというケースも多くあります。

 

このように寝たきりになる原因は骨折と脳卒中が半分を占めていますので、この二つを予防すればまずは安心です。

 

自分でできることは自分でやってもらうお年寄りの周りに家族がいると家族がついついお年寄りの世話をしてあげてお年寄りが動かなくなってしまうことがあります。

 

いたわる事はとても大切ですが、周りに依存し切ったりできることなのにしないと体を使うこともなくなり寝たきりになってしまいます。

 

寝たきりは作られるといわれますが、それはこのような家族の過度な介助が老人を動かなくて済むようにしてしまうからです。

 

ですので病院では早期離床早くベッドから起こすということがどんな病気にも共通して推奨されています。